So-net無料ブログ作成
世界に行ってみたらホントはこんなところだった ブログトップ

アオザイ? セカホン ベトナム チャイナドレスと似てないか? [世界に行ってみたらホントはこんなところだった]

アオザイ? セカホン ベトナム チャイナドレス



本日の”世界に行ってみたらホントはこんなトコだった!?”では、現地をリポートしていたいとうあさこが、ベトナムの民族衣装であるアオザイを着ていましたが、やはりきれいな人が着ると生えますね。



そもそもアオザイとは?

ベトナム語で「長上着」を意味する民族衣装で、土産物としては女性から高い人気を誇っていますが、基本がオーダーメイドのため、少々手間がかかる

というところまではよく知られていますね。



個人的に気になるのが、「アオザイはチャイナドレスに似ていないか?」という疑問です。

yjimage.jpgyjimage (1).jpg

そもそもアオザイは、18世紀頃に清王朝(現:中国)から伝わってきたチャイナドレスと起源とするそうです。

だから似ているわけですね!

そしてチャイナドレスは、冷涼な気候の満州起源の装束であり、本来は厚地の絹を使うが、ベトナム土着の薄絹のゆったりした長衣の影響を受けて、風土に合った薄い布地で仕立てるようになり、さらに、現在の女性用アオザイの細身でスリットの深いデザインは、フランス領インドシナ時代に改良されたものであるようです。



ベトナムの真北に、あんな大国があるんですから、影響を受けても不思議じゃないですよね。



ただ、アオザイに比べてチャイナドレスの方が露出している部分が多いイメージがありますが、きっと暖かそうなチャイナドレスもあるんでしょうね(笑)








世界に行ってみたらホントはこんなところだった ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。